マイナビエージェントで管理部門(経理・人事・法務・総務)転職

管理部門への転職を希望する場合、営業部門への転職とはまた違った観点から転職活動を行う必要があります。

 

営業の場合は、扱う商品、サービスは異なるものの、勤務の内容自体はどの会社についても共通する部分が比較的大きいです。

 

しかし管理部門は経理、人事、法務、総務など、担当する分野によって細分化されていますが、これらの区分も会社によってその内容が異なっており、2つの部署が兼務という形で1つにまとめられていたり、1つの部署がその業務内容によってさらに細分化されていたりと部署の名称だけでその業務内容を判断することはなかなか難しいです。

 

こうした部署の分け方や業務内容は、業種や職種、更にはその会社の伝統などによっても変わってくるために、会社の管理部門への転職を希望するのであれば、詳しいリサーチがとても重要になってきます。

 

このように転職したい会社の業務内容を事前に掴んでおかなければならない理由は求められている人材像にあります。管理部門での中途採用の場合、求められるのは即座に実務に移れる即戦力としての人材のみです。よって自分のキャリアや実績が、転職先の管理部門の業務内容とマッチしていない場合、採用してもらえない可能性が高く、もし採用されたとしてもまったく未経験の状態で1からのスタートということにもなりかねません。こうしたミスマッチを避けるために、管理部門への転職の際には、きちんとした事前情報を集めておく必要があるのです。

 

また、求められる人材像については、大手と中小・ベンチャーで大きな違いがあります。比較的少人数で成り立っている中小企業やベンチャーでは、社員ひとりひとりの業務内容が幅広く、さまざまな分野において広い知識を有していることが求められます。こうした中小やベンチャーにおいて必要とされる人材は、あらゆる業務に対応できるジェネラリストとしての能力の持ち主です。

 

一方で大企業において求められるのは、その反対の人材です。大企業は豊富な人員が配置されているために、分業化による業務の効率化が進んでいます。必要な部分であれば、コストも考慮して外注で賄われている業務もあり、その中で活躍するには、幅広い知識よりも特定の分野に特化した深い知識や経験が必要になります。大企業が求める管理部門に必要な人材は、中小やベンチャーと違い、ひとつの分野に精通したスペシャリストということになります。

 

ざっと管理部門についての特殊性について述べてきましたが、これらの内容すら一概にあてはめて判断できないほど、管理部門の業務内容は各社それぞれ千差万別です。こうした細かな企業情報を入手するには個人では限界があるため、管理部門への転職を希望されるのであれば、マイナビエージェントの力を借りるべきでしょう。マイナビエージェントでは、企業情報から面接におけるアピールポイントの作成、スケジューリングまで細かなサポートであなたの転職をサポートしてくれるでしょう。

管理部門の転職に強い転職エージェント|マイナビエージェントの評判と口コミ関連ページ

高年収の求人
外資系・海外の求人
新卒の就職活動にも
女性も大歓迎の求人

このページの先頭へ戻る