入社意思の報告と辞退の場合〜マイナビエージェント〜

希望した会社からの内定が出たら、前に述べた点をしっかり考慮した上で、問題がなければ入社する意思を固めた旨を『マイナビエージェント』に報告しましょう。『マイナビエージェント』はそれを受け、入社意思を企業側に伝えてくれます。そこでようやく転職が決定するという事になります。後は入社日の調整をはじめ、細かいやりとりを進めていくことが必要となります。

 

内定を頂いてもなかなか決断がつかないときは「条件面談」「入社前面談」という形で、企業との最後の面談の機会を設けてもらうことも可能です。通常このような面談は、企業側の善意によるものが多いので、もしこのような機会を与えてもらえた場合は、積極的に参加して、直接企業側と話をし質問してみるのも良いでしょう。

 

 

仮に辞退する事になったら

このように色々確認していくと、どうしても内定を辞退するというケースも出てきます。その場合、転職エージェントに内定を辞退する理由をしっかり伝えておくことが大切です。面談途中での辞退と違い、内定後に辞退するというのは、企業側にも『マイナビエージェント』にも多大なる迷惑をかけることになります。丁重な姿勢で話すことは勿論ですが、なぜ辞退するのかという明確な理由を、誠意を持って相手側に伝えるのが最低限の礼儀だと言えるでしょう。

 

当然プライベートな理由で、辞退を余儀なくされることもあるでしょう。そうなった際は、全てを正直に伝えることは困難かも知れませんが、企業にとっても『マイナビエージェント』にとっても、納得行く辞退理由を説明しない限り、あなたに対する不信感が生まれてしまいます。今後の転職活動にも影響が出てくることなので、慎重に対処して下さいね。

 

入社意思決定後の辞退は基本的にタブー

また当然、入社意思決定後の辞退は、内定辞退よりもっと迷惑をかける事になります。入社意思を伝えた時点で、受け入れ企業側もあなたの入社に向けて、様々な準備を進めてくれています。スムーズに仕事ができるよう関係部署に働きかけ、デスクやPC、名刺などの備品も準備してあるでしょう。場合によっては、あなたの入社に伴い社内での人事異動も計画されているかも知れません。1人入社するということで、様々な人の動きがあるのです。そして当然採用枠が埋まったことで、採用活動も終わります。その様な状況の中入社できないということになると、企業としては多大な損害を被ることになります。入社に向けた準備、コストは勿論、採用をストップさせたことで機会損失コストなど、企業側の被る損害は考えている以上に大きいものになるのです。

 

そのため入社の意思を伝える時は、もうその意志がどんなことがあっても絶対に揺るがない覚悟は必要です。転職先が決まれば、現職の方は退職交渉や退職手続きに入ります。退職交渉でいかに強固な引き留めにあったとしても、入社意思は絶対に変えないという強い信念がないと、とても沢山の人々に迷惑をかけることを覚えておきましょう。入社意思決定は、人生における大きな節目となります。だからこそ慎重にしっかりと決断し、迷わない姿勢がとても大事なのです。

 

←内定へ戻る

入社の意思を最終的に判断する|マイナビエージェントの評判と口コミ関連ページ

登録方法
転職カウンセリング
求人情報紹介
書類選考
面接準備
面接当日・面接後
内定後の確認

このページの先頭へ戻る