エージェントと企業の書類選考〜マイナビエージェント〜

『マイナビエージェント』を使って応募していただくと、書類選考が始まります。書類選考には「転職エージェント内での書類選考」と「企業での書類選考」の2段階が用意されています。まず、転職エージェント内、つまり『マイナビエージェント』での書類選考からご説明させていただきます。

 

転職エージェント内での書類選考とは?

あなたが転職エージェントを活用し、応募していただいたとき、そのデータは直接企業に行くことはありません。希望の企業の人事の方がいきなりあなたの書類に目を通すということにはならないのです。なぜかというと、転職エージェントは応募者のスクリーニングを行っているため、そもそもその企業の応募条件に見たない人を企業側に紹介するわけにはいかないのです。なので、まずは転職エージェントの条件を絶対にクリアする必要があります。

 

しかし、応募者の中には「なんで企業にデータを送らずに、転職エージェント内で合否を出してしまうんだ。」「それはおかしい。」と、感じる方もいるかもしれませんが、それは誤解なのです。

 

転職エージェント=企業目線

転職エージェントでの条件に満たず選考落ちするということは、かりにそのデータが企業に行っても、落ちる可能性の方が断然高いのです。彼らは言うなれば企業の人事部のようなもので、契約をして採用の代行をしているので、「転職エージェントの条件=企業側が出している条件」といっても過言ではないのです。

 

転職エージェントの仕事内容とは?

彼らはなにも、いじわるで企業にデータを送っていないわけではありません。条件にも当てはまっていて、企業側に紹介したら確実に採用されるような人をわざわざ審査から外すようなこともしません。メリットもなにも生まないようなことをわざわざするでしょうか?

 

転職エージェントは企業に人を紹介し、その人たちの採用が決まって初めて報酬が発生するのです。なので、この段階で選考に落ちる場合、もしその書類が企業に渡ったとしても採用される確率はほぼ0%なのです。

 

「なんで求人募集していて、条件に見合っている人も落とすの?」
そんな疑問も浮かぶかもしれませんが、これは採用活動上、そしてその特性上、仕方ないことなのです。

 

条件は満たしているのに、落ちてしまった・・・

こんなことがあるかもしれませんが、もし、条件を満たしている方が定員以上に応募に来てしまったとしましょう。まずあらかじめお伝えしておきたいのが、「応募条件は最低条件」だということです。企業ももちろんいい人材を選びたいので、応募者の相対評価を行います。なので、このようなことが起こってしまうのです。

 

せっかく応募するなら、せめて企業まで書類を送ってもらって上で審査して欲しいという気持ちもわかります。しかし、全員がそうしていたら、転職エージェントの意味がありません。

 

どうしても企業に見てもらいたい・・・!

本当に、どうしても企業に書類選考をして欲しいという場合は、通常提出しなければならない”職務経歴書”、”履歴書”とは別に「志望動機書」を添付して応募するのも手段のひとつです。どうしてもその企業に行きたいんだ!という気持ちが伝わるので他の応募者よりも目立つでしょう。

 

もちろんその内容がいまいちパッとしなければ意味がありませんが、基本的に企業に志望意欲を積極的に伝えることは確実にプラスになります。

 

先ほども書きましたが、働きたいという本気の熱意がある方を採用したいと思うのは当たり前のことなので、転職エージェント側からしても、働く意欲が高ければ多少条件に見合っていなくても採用される可能性は上がります。転職エージェントもその意欲をふまえて企業にプレゼンができるので、効果的でしょう。

 

いい印象を与え続けよう!

キャリアアドバイザーのあなたに対する印象も、いいものにしておくことで転職エージェント内での結果もよくなります。もしアドバイザーの方があなたに高評価をつけているとしたら、あなたの存在も、いい印象だということもアピールしてくれるはずです。

 

そういうこともあり、キャリアアドバイザーとは絶対に仲良く、いい関係を築いて行くことが大切です。

 

企業でもの書類選考とは?

転職エージェントを通過すると、ついに企業側が書類選考を行います。

 

選考期間はどのくらい?

場合によっては3日〜1週間ほどかかってしまいますが、早い時は即日採用のケースもあり得ます。長いと2ヶ月ほどかかってしまうこともあるようです。

 

なんでこんなにも差が出てしまうかと言うと、企業の採用担当者が忙しいかどうかにもよりますし、他の応募者の選考のタイミングとかぶってしまっていたら、遅くなってしまいます。全ては”運次第”ですね。もしあまりにも遅かった場合は、転職エージェントに催促してみましょう。

 

あまりにも最初から待たせられたら、応募した側もいい気分はしないでしょう。

 

転職エージェントに甘えてみよう!

彼らはその道のプロ、といっても過言ではありませんので、わからないことはなんでも答えられます。もし、催促して嫌な印象を与えてしまったらどうしようと不安になるかもしれませんが、その心配はいりません。

 

転職エージェントが人事担当者に、書類選考が長くなったらどうなるかのデメリットに対する部分も説明してくれながら、催促してくれます。

 

また、書類選考時の、職務経歴書や履歴書を書くにあたってのアドバイスも行っていますので、もしわからないことや自信がないところなどは、なんでも質問しましょう。第三者からのアドバイスは非常に有効なので、評価してもらいましょう。

 

←求人情報へ戻る

→面接準備へ進む

書類選考の基準と通過の理由|マイナビエージェントの評判と口コミ関連ページ

登録方法
転職カウンセリング
求人情報紹介
面接準備
面接当日・面接後
内定後の確認
入社意思決定

このページの先頭へ戻る